KY-026 火炎センサーモジュール

Arduinoで遊ぶ

どうも、瀬古草夫です。

先日、Aliexpressでよく分からないおもちゃをいろいろ買ったので、遊んでみました。
何のモジュールか分かりませんが、ネットで調べて分かったものから備忘録に残したいと思います。

今回は、KY-026 火炎センサーモジュールです。

使ったもの

Arduino UNO
1602A LCDモジュール
PCF8574モジュール(1602A LCDモジュールをI2Cに変換)
KY-026 火炎センサーモジュール
ジャンパーワイヤー

KY-026 火炎センサーモジュールって?

火災検知システムとして利用される。
動作電圧    3.3V~5.5V
アナログ出力は、近くに火炎がない場合は高い数値、火炎が存在するとほぼゼロに低下する。

KY-026 火炎センサーモジュール 配線

A0GPIO A0
GGND
5V
D0GPIO 2

Arduino IDEのコード例

#include <LiquidCrystal_I2C.h>
LiquidCrystal_I2C lcd(0x27,16,2);

int i_pin = 2;
int a_pin = A0;
char buf[16];

void setup()
{
  lcd.init();
  lcd.backlight();
  lcd.print("start");
  pinMode(i_pin, INPUT);
  delay(1000);
  lcd.clear();
}
void loop()
{
  lcd.setCursor(0,0);
  lcd.print("KY-026 Test");

  if (digitalRead(i_pin) == HIGH) {
    //炎の検出
    sprintf(buf,"HIGH=%04d",analogRead(a_pin));
  } else {
    sprintf(buf," LOW=%04d",analogRead(a_pin));
  }
  lcd.setCursor(0,1);
  lcd.print(buf);
  delay(100);
}

瀬古の勝手な評価

★★★★☆

これは、ブザーと組み合わせると、火災報知器として使えそうですな。


コメント

タイトルとURLをコピーしました